K&R Distortion 改造!

先日作成したK&RエフェクターキットDistortion。ブースターとして使うとどうしても低音源の音が(?)潰れてしまうので、低域を改善することにしました。


製作キットのマニュアルにある通り、音を太くするにはC3を大きくすればよいとのことでした。コンデンサC3を外すのが面倒なんで0.022uFのフィルムコンデンサーをパラで追加しました。

これで低域はちょっと改善されたのですが、どうしても「This is the Distortion !」な感じが消えないので(当たり前ですが)、このキットを組み立てる前からやってみたかった、クリッピングダイオードをFETに変更してみました。Fulltone OCDもFETをクリッピングに使っているようですし(^_^;)


こちらはコンデンサのように足したりはできないので、クリッピングで使っているダイオードD3, D4をFET 2N7000に交換しました。

クリッピングダイオードをFETに交換してFender Vibro Champでチェックみると、「あぁ、なるほど」という音になります。ダイオードならではのクリップ感がだいぶ影を潜めて、ガッツのある音になりました(^^)

Peavey 6505 MH Japan Editionにてチェックしてみると、以前ほど音が引っ込まなくなり、ブースターとしても十分使えるようになりました!!

自分で作って改造したエフェクター、めっちゃ楽しいっす(^^)

きっちゃんDEどうでしょう?

ギターも弾きます、音楽製作します、レースもやります(^-^ゞ

0コメント

  • 1000 / 1000