K&R Distortion オペアンプ比較テスト

先日組み上げた、K&Rエフェクターキットシリーズ「Distortion」ですが、今回はオペアンプを交換してみました。

ちなみに、先日、C3にパラで追加したコンデンサはちょっとブーミーになりすぎるので取り外しちゃいました(^_^;)


で、テストで使ったオペアンプは4つ。

TL072CP ... テキサス・インスツルメンツ社製、エフェクターキットに付いてきたオペアンプ。ディストーション系では定番(?)

NJM4580DD ... 新日本無線のオーディオ用オペアンプ。

LM358N ... フェアチャイルド社製、汎用オペアンプ。

NJM4558DD ... チューブスクリーマーなどオーバードライブでよく見るオペアンプ。


比較動画を作って、YouTubeにアップしてみました。なお、クリッピングダイオードは2N7000というMOSFETに交換してあります。

テスト環境:

ギター: Jackson Pro Series Soloist SL2 MAH

アンプ: H&K TubeMeister 18 (Clean Ch)

スピーカーシミュレーター: DigiTech CabDryVR (プリアンプアウトから接続)


それぞれを試してみた感想は、

NJM4580DD ... かなりファジーな感じ。Toneを12時より時計方向に回していくとどんどん「ファズ」な音色になる。あるセッティングでは使える音が出せるが、スイートスポットが狭い(>_<) 軽く歪ませた音が全く使えない感じ。

LM358N ... 若干ファジーな印象。4580DDに比べると気持ちこもり気味な感じ。Toneを絞っていけば使える感じ。ただ、雑味があってあんまり「音楽的」な感じがしない(^_^;)

NJM4558DD ...なんとなくどこかで聴いたことのあるような音色(笑)上記2つに比べると使える音がだせる。キメも細かい感じ。

TL072CP ...  入力がJFETということでバイポーラタイプに比べると真空管的な歪が得られる。キットに付属してきているだけあって、一番使える音が出せて、歪も気持ちが良い。


ということで、オペアンプはTL072に落ち着きました(^_-)


きっちゃんDEどうでしょう?

ギターも弾きます、音楽製作します、レースもやります(^-^ゞ

0コメント

  • 1000 / 1000